しっかりとした方針を|音もたてずに忍び寄る腎臓病にご用心|早期発見が鍵
医者

音もたてずに忍び寄る腎臓病にご用心|早期発見が鍵

しっかりとした方針を

病棟

病院により異なる見解

がん治療は日本人の死因で最も多い癌を治療する方法のことで医学の分野の中でもかなり深いところまで研究をされている治療方法です。このためがん治療にはいろいろな方法があり、治療を受けるという人はその中から選択をしていかなければいけません。そこで注意をしておかなければいかないのが癌という病気の特性上、治療方法が複数あるために同じ部分の腫瘍で、同じような進行状況であっても病院によって治療方法が異なるということです。また、同じ病院内でも医師によって判断が分かれるようなケースがあります。こうしたときには1つの医師によるがん治療の方針を信じきるのではなく、いくつもの病院を回って複数の視点から診るのが大切になります。

切る方法からの脱却

近年のがん治療の特徴としては外科的に切ってしまう方法からできるだけ切らないようにして治療をしていく方針に転換してきているということです。かつて、癌と言えば外科的に悪い部分を切除してしまうという方法が一般的でした。しかし、研究を重ねていくと切ってしまう方が患者さんに負担をかけることが多いということが分かってきました。そこでできるだけ切らないように、切ったとしても一部を切除して悪い部分を取り出すことができるように研究がおこなわれてきました。この結果、内視鏡による切除方法や放射線を利用してできるだけ切らないようにするといった治療方法が生まれました。最近では小さな腫瘍であれば即日退院も可能になっています。